CEマーク認証

CEマーク認証について

CEマークとは、製品が欧州連合(EU)共通の安全規格に適合していることを示すマークであり、特定の製品はこのマークがなければEU域内に流通させることができません。また、EU加盟国以外でもCEマークを求めている国が多数あります。
プレジャーボートについてはCEマークの規格としてRCD(レクリエーション用舟艇に関するEU指令)が制定され、1998年から実施されています。

CEマーク

CEマーク

CEマークを表示するためには、CEマーク認証機関(Notified Body)から製品がRCDを満たしていることについて認証を受ける必要があります。 しかし、CEマーク認証機関はEU加盟国にしか存在しないため、日本の製造業者がCEマーク認証を受けるには困難が伴います。

EU加盟国以外の機関はCEマーク認証機関になることができません

そこで、日本小型船舶検査機構(JCI)では、1999年にCEマーク認証機関であるオランダのDutch Certification Institute (DCI)と提携し、日本国内で製造されるプレジャーボートやその関連製品についてJCIがDCIに代わってRCDへの適合性について現物(現場)確認を実施することで、DCIによるCEマーク認証が受けられる仕組みを整えています。

DCIホームぺージ

来日したDCI最高経営責任者フランク氏(左)とJCI伊藤理事長(右)

来日したDCI最高経営責任者フランク氏(左)とJCI伊藤理事長(右)

【お問合せ先】
日本小型船舶検査機構 業務部 調査企画課
(電話)03-3239-0827 (FAX)03-3239-0829
受付時間 9:30~12:00、13:00~17:30
(土日・祝祭日・年末年始(12/29~1/3)を除く)